神経痛ガイド TOP → 三叉神経痛について 三叉神経痛の原因

三叉神経痛の原因

三叉神経は名前の通り、3つの神経に分かれています。第1の枝は上まぶたから額、前頭部に分布し、第2の枝は下まぶた、頬、上唇、鼻、上歯列などに分布し、第3の枝は下あご、舌、外耳、下歯列などに分布しています。侵されている神経の枝によって、神経の分布している範囲に痛みが現れますが、下あご、舌、外耳、下歯列などの第3の枝が侵されることが1番多いと言われています。

様々な理由で起こりますが、昔は原因のわからなかった三叉神経痛の原因が、最近は脳にあることが分かってきています。詳しく説明しますと、三叉神経痛は脳の大事な部分で、生命の維持に必須の機能を持っている脳幹という部分から生じて、最終的には顔の感覚を伝えるように分布する、三叉神経の脳幹に入る直前の弱い部分に、脳深部の動脈や静脈が直接ぶつかって神経を圧迫することによって痛みが起こるということが明らかになったのです。

三叉神経痛の原因としては2つあり、原因が明確でない特発性のものと、何かの原因疾患のある症候性のものに分類されます。症候性の原因としては、三叉神経に動脈硬化などで形が変形した動脈や静脈が直接触れることによって、神経が圧迫されることから起こる場合が多いようです。三叉神経痛の原因が明らかになりつつあるので、今よりさらに有効な治療法もまた明らかにされるのではないかと思います。

三叉神経痛は命の危険にある病気ではありませんが痛みがとても強いので、この痛みが原因で食事が出来なくなったり、うつ病になったりすることもあります。

三叉神経痛について