神経痛ガイド TOP → 三叉神経痛について 三叉神経痛の症状

三叉神経痛の症状

三叉神経痛の症状としては、顔面の感覚を脳に伝える神経である眼神経、上顎神経、下顎神経の三叉神経において起こります。三叉神経痛とは、どれかの神経に非常に激しい痛みが生じる病気のことなのです。これらは痛みを伴い、左右どちらか片側に起こることが多いようです。

三叉神経痛の痛みはとても強く、稲妻が走るような、えぐられるような痛みと表現されます。突発的な痛みですので、一瞬にして走るような痛みを伴い、数秒でその痛みがなくなることがほとんどです。長くても2分以内には治まりますので、10分ほど続くような痛みが起こった場合は三叉神経痛ではないことがほとんどになります。

三叉神経痛の痛みは様々な動作から誘発されます。例えば洗顔、メイク、ひげそり、歯磨きなどでをしても顔に痛みが走ることがあります。食べ物を噛む動作である咀嚼でも痛みが誘発されることがありますので、時にはご飯を食べるのも困難になることがあります。触ると痛みを誘発するポイントがありますので、鼻の横などを触ると、顔面に痛みが走ったりするという場合は三叉神経痛である可能性が高いと考えて良いでしょう。

また、季節によって痛みが変わるのも三叉神経痛の特徴で、2月などの寒い時期には特に痛みが酷くなる方が多いと言われています。三叉神経痛は痛い部分が腫れたり、赤くなったりすることがないため、仮病なのでは?と周囲から疑われることもありますが、三叉神経痛の痛みはかなり強いですので、このような考えは患者さんにとってとても負担になります。

三叉神経痛について


社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm

不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!