神経痛ガイド TOP → 坐骨神経痛について 坐骨神経痛の手術

坐骨神経痛の手術

坐骨神経痛は痛みが強いときは安静にして、鎮痛剤を使って様子を見ます。しかしそれでも痛みがひどい場合に、局所麻酔を注射する硬膜外ブロックや神経根ブロックという方法を行います。坐骨神経痛で手術を行うことはあまりありません。

ただし、それでも良くならず筋力が低下して歩くの困難になったり、排尿や排便がコントロールできなくなったりした場合は、最終手段として手術が行われます。通常は、治療を施しても3ヶ月以上症状が改善されない場合は手術が行われると言われています。本人の希望があれば手術が検討されることもありますし、症状によってはすぐに手術が必要な場合もあります。手術前には他の病気で治療を受けているか、過去に手術をしたことがあるかなどの病歴を答える必要がありますので、間違いのないようにきっちりと答えるようにしましょう。

坐骨神経痛の手術は、それぞれの疾患に対して選択されることになります。症状にあった手術をした後は、日常生活での動作や姿勢についての指導などが行われることになります。最近は技術の進歩によって早期にリハビリテーションも可能で、早期退院も可能になってきています。手術後には日常生活での動作や姿勢についての指導や、必要に応じたリハビリが行われます。

手術は整形外科、リハビリはリハビリテーション科で行われることがほとんどです。脊柱固定手術に使われる埋め込み器具も、今はチタン製になっていますので、人工の骨が同時に手術で埋め込まれることもあります。しかし、手術はメリットばかりが存在するわけではありません。稀なことですが、中には手術をしても痛みが思っていたより改善されなかったという方もいます。そのため、手術を考える際は手術することのメリット、デメリットをきっちりと理解した上でどうするのかということを、自分自身で判断するようにしましょう。

坐骨神経痛について


http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!