神経痛ガイド TOP → 坐骨神経痛について 坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛というのは、臀部から脚にかけてある坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることによって起こります。しかし坐骨神経痛は、人によって悩まされる症状も違います。坐骨神経痛の症状は、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状の3つに分けることが出来ますが、これら全ての症状がミックスされて現れることも少なくありません。

坐骨神経痛の症状の特徴としては、主に腰からお尻や足の先など、下半身を中心に鋭い痛みが起こることでしょう。そのため坐骨神経痛は、お尻や大腿後面、下腿、さらには足の甲あたりまでの範囲でしびれなどの異常を感じると思います。強い痛みを感じるだけでなく、ピリピリとした痛みやしびれた感じなど人によって症状や不快感は違います。最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わることもありますし、今までなんともなかったのに突然足に痛みやしびれが起こるケースもあるようです。

では次に、生活の中で起こる坐骨神経痛の症状を見ていきましょう。

・お尻から足にかけて激しく痛む
・便秘で悩んでいる
・腰部に痛みが長期間続く
・長時間立っていたり、座っていると腰痛がする
・長い時間歩くと腰背部が痛くなる
・咳やクシャミをすると痛みがひどくなる
・寝起きに腰背部が特に痛い
・夜になると足がとても痛くなる
・足が痛くて歩くこともままならないことがある
・重い物を持ち上げると、おしりに痛みを感じる

上記の症状がある場合は、坐骨神経痛が疑われます。

坐骨神経痛について


アマリール 添付文書
アマリールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!