神経痛ガイド TOP → 坐骨神経痛について 坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛の原因や症状というのは、人によって違います。坐骨神経になってしまった場合は、症状に合わせて対症療法を行うことが大切ですが、まずは日頃から予防をすることが大切になります。坐骨神経痛の予防で最も大切なことは、腰に負担をかけないということですが、ここでは家庭でも出来る簡単な予防方法をご紹介します。

●冷えないようにする
坐骨神経痛になってしまう原因には、腰や下肢の冷えがあります。そのため、日常生活では下半身を冷やさないように注意しましょう。冬はもちろんですが、夏でも露出の多い服装はあまり良くないですので、夏でも靴下を履くようにしましょう。

●運動をする
日頃の運動不足が原因となって坐骨神経痛が起こることもあります。これらを予防するためには日頃から運動をして、腹筋や背筋を鍛えておくことが有効と言えるでしょう。坐骨神経痛の原因となり易い椎間板ヘルニアの予防にも、運動は効果的と言われています。

●天候に気を付ける
神経痛は、湿気が多い日や寒い日などに起こることが多いです。つまり季節と気圧の変化も症状に影響するということになりますので、天気の悪い日や寒い日は気を付けるようにしましょう。

●姿勢を良くする
坐骨神経痛を予防するためには、正しい姿勢をすることが大切です。正しい姿勢を行うことで腰に負担がかかりにくくなります。イスに座る時も、背筋を伸ばすことを心がけるようにしましょう。出来るだけ足は組まないようにして、体重が両尻に均等にかかるように座りましょう。畳や床に座る時は、正座を崩す横座りや両膝を立てて座る体育座りがお勧めです。

坐骨神経痛について


抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならおしゃれで機能的なsun&beach!

レンタルドレスなら
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/