神経痛ガイド TOP → 坐骨神経痛について 坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因となる病気は、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群に起因するものが有名です。高齢者の場合は、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症など、変形疾患と関係している場合が多いのが特徴です。帯状疱疹が原因となっていることもあります。坐骨神経痛の原因は様々で、原因によって治療の方法や治癒にかかる時間も異なります。

以下に主な原因を紹介しますので、どのタイプに当てはまるか是非チェックしてみましょう。

●神経の病気
神経自体が病気になっていると、抹消神経の異常が出てくることがあります。そのため、歩くことが困難になるなどの症状が起こります。

●脳疾患による半身の痺れや異常
脳疾患で起きる神経症状は、通常は半身の異常やしびれなどがほとんどです。坐骨神経痛が原因であっても、しびれなどが起こった場合は医師に相談するようにして下さい。

●脊髄病変
脊髄病変が起こっても坐骨神経が起こります。脊髄病変には骨の変形、骨折、椎間板ヘルニアなどがありますが、両足に自覚症状が出てきた時は注意するようにしましょう。

●梨状筋症候群
梨状筋症候群になると骨盤の仙骨から股関節の大腿骨の大転子という部位に、走行している筋肉により坐骨神経が障害を受けますので、坐骨神経痛が起こります。

●感染症
ヘルペスウイルスなどの感染症にかかっても、坐骨神経痛が起こることがあります。それだけでなく髄膜炎を発症することもありますので、うまく歩行出来ないなどの症状が出たらすぐに病院に行くようにして下さい。

●外傷
骨折や脱臼などの重度の外傷を起こすと同時に、坐骨神経痛を引き起こすことがあります。

●その他
妊娠も坐骨神経痛の原因の1つです。

坐骨神経痛について


アピドラ 副作用
アピドラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!