神経痛ガイド TOP → 坐骨神経痛について 坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、お尻から太ももの後ろにおいて鋭い痛みが発生します。この坐骨神経痛は、正式な病気の症状とされています。坐骨神経痛はあくまで症状で病名ではありません。坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛を総称して、坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛は腰部・骨盤部から足の末端まで至る、長い末梢神経です。とても長い神経になりますので、この坐骨神経痛は正式な病気の症状とされています。坐骨神経痛は、主に腰椎の坐骨神経のどの部分に障害が出るかによって、症状の出る範囲や症状の出方は大きく違ってきます。隙間から出て骨盤を通って、お尻の筋肉から出る末梢神経のどこかが締め付けられることで無理な状態となり、ひき起こるのです。

坐骨神経痛の主な症状は、足の踵が痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側にしびれや痛みを感じることです。お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎが坐骨神経痛の症状を感じる代表的な部位ですが、どこか一部分だけに症状を感じる場合もあれば、足全体に症状を強く感じるという場合もあります。足先まで痛みが広がっている場合は、痛みが痺れと混同してしまいますので、指の筋力にまで影響が出ることもあります。放っておくと筋力が低下するだけでなく、排尿障害などの症状が出るようになることもありますので軽視しないようにしましょう。

坐骨神経痛とそれに伴う症状は色々とありますが、主な症状を以下にご紹介します。

●腰の痛みと臀部の痛みがある
●体を動かすと痛みやしびれがひどくなる
●太ももの裏、足へかけて痛みやしびれがある
●痛くて歩くことが難しい
●足に力が入らない
●左右で足の筋肉に差がある

坐骨神経痛について


アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!