神経痛ガイド TOP → 肋間神経痛について 肋間神経痛の治療法

肋間神経痛の治療法

肋間神経痛は神経の走行に沿って、肋間を帯状に走るように強く痛みを感じます。もしその部分を指で肋骨を触った時に、そこに痛みがはっきりとしてくる事が多いなら可能性は高いでしょう。肋間神経痛の症状が出ても、原因が分からないと何科に行けば良いのか分からないですね。

肋間神経痛の症状が現れたら、まずは内科へ行くようにしましょう。しかし、内科はあくまで一般的な場合になりますので、明らかに肋間神経痛の原因がわかっている場合は別の科に行くようにしましょう。肋間神経痛の理由がわからない場合は内科へ行くと検査してもらうことが出来ます。

レントゲンや尿検査、血液検査、心電図など、様々なことから原因を探してくれます。そうすると、これからどこの科に通えばよいのかが分かります。そのため、まずはしっかりと医師に相談するようにしましょう。治療方法としては安静保護療法、薬物療法、理学療法、鍼灸療法、神経ブロック、手術などの方法があります。

肋間神経痛の治療法は肋間神経痛が起こっている原因によって違いますので、以下にそれぞれの治療法を紹介します。

●安静保護治療
痛みが和らぐ姿勢で安静にして、患部を温めたりして行う治療方法です。

●薬物療法
薬物を服用し痛みを和らげる治療方法です。

●理学療法
整形外科の治療方法です。コルセットを利用する方法、患部を温める温熱療法なども理学療法に含まれます。

●鍼灸療法
圧痛点のある肋間に沿って刺鍼して、知熱灸を据える治療方法です。

●神経ブロック
痛みや炎症のある箇所の神経のそばに、症状を緩和する薬物注射を注入する治療方法です。

肋間神経痛について


ワンタキソテール
ワンタキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

スクラブ 白衣
スクラブの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!