神経痛ガイド TOP → 肋間神経痛について 原発性肋間神経痛

原発性肋間神経痛

原発性というのは、簡単に言えば原因不明のことです。つまり、原発性肋間神経痛というのは原因が分からない神経痛のことを言います。意外にも、この原因不明の肋間神経痛は様々な原因の中でも1番多いと言われています。原発性肋間神経痛は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いた上で、末梢神経に何らかの病変も見出さないことを言います。

原発性肋間神経痛は痛みが突然起こります。これは刺すような激しい痛みです。それに耐え足れず、夜も寝られない原発性肋間神経痛患者の人も多いようです。原発性肋間神経痛の原因でよくあるのは、筋肉の使いすぎや疲労、不自然な姿勢を長時間することなどですが、原発性肋間神経痛はストレスなどの心因性が多いと言われています。ストレスを溜め込んだり、過度なストレスを感じることによって起こしやすいのです。ストレス・疲労が原因の場合は、ゆっくりと休養を摂ることが大切になります。

不自然な姿勢が原因の場合は、姿勢を正せば治ります。また、神経が筋肉・骨には圧迫されていたことが原因となっている場合でも、姿勢を正して神経のストレスを解放することで痛みは改善します。胸部に何らかの圧力が加わった場合などにも痛みが起こることもありますが、その場合も圧力の原因を取り除けば治ることがほとんどです。

姿勢を正しても痛みが持続したり、治るどころか悪化していくような場合は原発性肋間神経痛ではない可能性があります。ヘルニアや狭心症など、神経痛とは別の病気が考えられますので、我慢せずに整形外科や内科などに行くようにしましょう。

肋間神経痛について


札幌 調律
http://www.piano-inoue.com/

ポスターを印刷する
大判とかデジカメプリントならディプリーズ楽天市場店で!