神経痛ガイド TOP → 肋間神経痛について 続発性肋間神経痛

続発性肋間神経痛

肋間神経痛は原因不明の原発性肋間神経痛と、明らかな原因がある続発性肋間神経痛に分けることが出来ます。続発性肋間神経痛はその名の通り股間神経痛の1つで、何らかの病気の後に出てくることから続発性肋間神経痛と呼ばれています。この続発性股間神経痛は、帯状疱疹の治った後に神経痛だけ残った場合と同様にして、原因をはっきり特定できます。

続発性肋間神経痛は、末梢神経や脊髄の知覚神経の刺激や障害により起こると言われています。末梢神経や脊髄の知覚神経の刺激や障害が起こる原因には様々なことが考えられますが、多いと言われているのは変形性脊椎症などの脊椎の病気や帯状疱疹(ヘルペス)などです。また胸膜炎、肺炎、肺がんなど、胸部の内臓が関係していることもありますので注意するようにしましょう。

では、続発性肋間神経痛の原因となる病気を以下にまとめてご紹介します。

・帯状疱疹(ヘルペス)
・交通事故などの後遺症
・ガン
・椎間板ヘルニア
・側湾症などの脊柱の変形
・肋骨骨折(ひび)など

以上にように様々ありますので、続発性肋間神経痛が起こっている元となる病気を突き止めて、きちんと治療するようにしましょう。続発性肋間神経痛の場合は、まずは続発性肋間神経痛の原因となっている病気の治療を行うことが大切です。しかし、病気をきちんと治しても後遺症として神経痛が残る場合があります。稀なことですが、中でも交通事故や外傷などの場合は、後遺症が残りやすいと言われています。

肋間神経痛について


ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!