神経痛ガイド TOP → 肋間神経痛について 肋間神経痛とは

肋間神経痛とは

肋間神経痛とは、肋骨に沿って突然起こる神経痛のことです。この股間神経痛はこの症状のこと指します。正式な病名ではないそうです。患者は若い人から高齢者まで可能性があり、突然激しい胸の痛みを感じるのが特徴です。痛みは針で刺されたような鋭い痛みを繰り返し起こりますが、その時間は短いことが多いです。

深呼吸や咳などで痛みが誘発されるというのも特徴です。発病は中年以降に多いと言われていますが、若い人でも発症することがあります。脊椎の病気や帯状疱疹(たいじょうほうしん)が原因で起こることが多いですが、心臓などの内臓の病気が原因で起こることもありますので注意するようにしましょう。原因が分からない場合もあるようです。突然の発症と、せきや体の動きで痛みが誘発される胸痛は、肋骨の骨折や亀裂が原因で起こることがあるのですが、亀裂がわずかの場合はレントゲンでもわからないことがあります。

症状は片側に起こることがほとんどです。脊椎から肋骨に沿って、激しい痛みが突然起こります。肋骨に沿った部位などを指で押すと、痛みが起こる圧痛点がありますので、押してみると分かりやすいかもしれません。また、深呼吸、せきなどでも痛みが起こりますし、痛みのないほうに体を曲げても強い痛みが起こります。

肋間神経痛の治療法は原因によっても変わりたくさんありますが、いずれの場合でも考えられる原因を知ることが大切になりますので、早めに整形外科や内科などの病院へ行くようにしましょう。早めに治療することが大切です。

肋間神経痛について


ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html