神経痛ガイド TOP → 顔面神経痛について 顔面神経痛の治療方法

顔面神経痛の治療方法

顔面神経痛の治療方法としては、顔面神経痛の原因が動脈の神経への圧迫である場合は、外科的な手術が1番有効であると言われています。手術によって、神経への圧迫そのものを取り除きます。手術は最も効果的な治療であると言われています。

三叉神経痛の場合、薬、神経ブロック、放射線など様々な治療方法があります。放射線治療は副作用が起こりやすいので、あまり行われることはないかもしれません。癲癇を治療する働きのある薬服用することによって、激しい痛みから解放します。また、痛む部分に麻酔をかけるような注射による治療方法も行われるようです。手術をすることが出来ない場合に、こういった治療が用いられることが多いようです。

最近では、ボツリヌス毒素の局所注射も有効と言われています。この治療方法は、顔面痙攣に有効で痙攣を起こしている顔面の筋肉にボツリヌス毒素を注射することで筋肉を麻痺させて、痙攣を抑えるという治療方法です。漢方も顔面神経痛の治療には有効であると言われています。

どのような治療をしていくかは、専門の医師と相談しながら慎重に決めることが大切になりますので、まずは医師に相談してみましょう。なお、顔面神経痛の治療の効果は一時的です。そのため、長期的に継続して治療を行わなければなりません。顔面神経痛が自然治癒することは、100パーセントに近い割合でありえないことであると言われています。時間はかかるかもしれないですが、根気よく焦らずに病院でしっかりと治療をすることが大切です。

顔面神経痛について


写真を使用してオリジナルのパズル ウェルカムボードにもいいね
http://puzzle-ya.com/