神経痛ガイド TOP → 顔面神経痛について 顔面神経痛とストレス

顔面神経痛とストレス

ストレスと顔面神経痛はとても関係があります。顔面の神経を司っているのは三叉神経と言われる神経ですが、この神経が何らかの理由によって脳幹の動脈による圧迫を受けて、顔の片側に痛みや痙攣などの顔面神経痛が起こります。顔面神経痛は加齢により引き起こることが多く、中年以降に発病することが多いと言われていますが、若い女性の顔の痙攣などはストレスが大きな原因になっているのではと言われています。

ストレスによる顔面神経痛は、顔面痙攣に分類されます。顔面痙攣の症状としては、片方の顔面が瞬間的にぴくついたり、引きつったりします。眼の周囲が起こりやすく、それが徐々に顔面全体に及んでいきます。ストレスによる自律神経の異常によって引き起こされる、顔の痙攣や引きつりなども起こることがあります。

まぶたが瞬間的にぴくつく程度の症状を経験したことがある方も多く、この場合は疲労や寝不足などが原因であることが多いですので、ゆっくりしたり休養を摂ることで治まることがほとんどですが、過度のストレスが原因の場合は休養しても治らず症状が悪化してしまい、顔の半分が動かなくなったり、ろれつが回らなくなったり、深刻な状態になることもあります。

ストレスによる顔面神経痛の場合は、ストレスの元となっているものを取り除くことが1番大切になります。人の身体というのは、ストレスによって様々な影響を受けます。顔に違和感があったり痛みを感じたりしたらそのまま放置せずに、すぐに病院へ行くようにしましょう。

顔面神経痛について


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!