神経痛ガイド TOP → 神経痛の基礎知識 三叉神経痛

三叉神経痛

三叉神経痛とは三叉神経における痛みです。顔の神経を司る三叉神経に何らかの異常が生じて、その領域に痛みを生じる病気です。原因は様々ですが、三叉神経が何らかの理由で圧迫されたり、何らかの原因で炎症が起こった時に痛みが起こると言われています。炎症はヘルペスウイルスで起こる人が多いです。

三叉神経痛は顔が痛くなることが多いので顔面神経痛と呼ばれることもありますが、これは間違いで、正しいのは三叉神経痛です。三叉神経は大きく分けて三つの神経に分類することが出来ます。まぶたから眼神経周り、顎神経で頬の皮膚や眼窩、鼻腔の部分にあります。この箇所において激しい痛みが起こるのです。

三叉神経は脳から出た後、3つの枝に分れることから三叉神経と呼ばれています。3つの枝をさらに詳しく分けると以下のようになります。

・第1枝 額、目、鼻梁 眉 額、目
・第2枝 上顎、頬、上口唇 頬の上付近 上顎の歯、頬
・第3枝 下顎、下口唇 下顎 下顎、下顎の歯

三叉神経痛が生命に関わるということはありませんが、瞬間的に痛みが走る三叉神経痛は痛みは激烈なことが多いです。そのため御飯を食べるとき、会話をするとき、歯を磨く時なども激痛が走りますので、人によっては深刻な痛みになります。このことが原因でうつのようになったり、食事ができなくて体力を消耗したりすることもあります。痛みの生じる頻度と持続時間というのは変わりますが、時間が経つほど症状が悪化すると言われていますので、早めに対策するようにしましょう。

神経痛の基礎知識


ナースサンダル 通販
ナースサンダルの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!