神経痛ガイド TOP → 神経痛の基礎知識 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛は脊椎管内の座骨神経根部が侵されることによって、下肢の後面から足底部へ痛みが出ます。おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、または膝から足先にかけて辺りが次第に広がっていく足のしびれが特徴です。

坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎間狭窄症など、腰に関する病気が原因となって起こると言われています。長い神経になりますので、坐骨神経のどの部分に障害が出るかによって、症状の出る範囲や出方は大きく違ってきます。

坐骨神経痛の主な症状は足の踵が痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側にしびれや痛みを感じることです。足先まで痛みが広がっている場合は痛みが痺れと混同してしまいますので、指の筋力にまで影響が出ることもあります。放っておくと筋力が低下するだけでなく、排尿障害などの症状が出るようになることもありますので、軽視することは出来ません。

坐骨神経痛になると足が敏感になりますので、靴が合わないと感じるようになります。靴が合わないから足がしびれたり痛くなったりするんだと思って、坐骨神経痛だと気付かない方も多いようです。坐骨神経痛は腰に原因がありますが、腰自体は痛くならずに足が痛くなるということも少なくありませんので、覚えておくと良いかと思います。

坐骨神経痛がひどくなると、少しの運動ですら苦痛を伴うようになります。しびれが出る前、少なくとも太腿の裏に痛みを感じるようになった時点で病院へ行くようにしましょう。神経痛の患者の中で、坐骨神経痛の患者の数が最も多いと言われています。腰から大腿部、下腿部の後面などに痛みを感じたら要注意です。

神経痛の基礎知識


遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!