神経痛ガイド TOP → 神経痛の基礎知識 神経痛とは

神経痛とは

神経痛とは、末梢神経に沿って起こる発作性の痛みのことを言います。病名というわけではありませんが、特定の末梢神経の支配領域に発作性、反復性に痛みがみられる際は神経痛と言います。

神経痛は、痛みを感じる知覚神経が損傷されることによって起こります。主な神経痛としては、下肢に痛みが出る坐骨神経痛や顔面に痛みが出る三叉神経痛、胸部に痛みが出る肋間神経痛があります。これらが神経痛の約7割を占めていると言われています。当サイトでは、これらの特徴を個別に見ていきたいと思います。

神経痛の痛みの原因は、脊椎や脊髄の異常、その周辺の変形による知覚神経の圧迫によって起こる場合が多いと言われていますが、糖尿病や腫瘍、薬物、貧血、アルコール中毒などでも神経痛が起こると言われています。神経痛の痛みは針で刺されたような鋭い痛みと言われており、不規則な間隔で痛みが繰り返し起こりますが、それが長時間続くことはありません。

では、以下に神経痛の特徴を紹介します。

・鋭く激しい痛みが突然梢神経の支配領域に起こる
 (1回につき数秒から数分間で痛みは消えることが多く、無症状の時間を挟んで痛みを繰り返します)

・痛みが起こる末梢神経の支配領域に刺激を加えると、痛みが誘発する
 (咳やくしゃみをした際にも痛みが起こることがあります)

・梅雨時期や秋から冬にかけての寒くなる時期に痛みがひどくなる
 (神経痛は気温や湿度・気圧の変化などが影響しますので、じめじめしている季節などは痛みがひどくなることがあります)

神経痛の基礎知識


リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/